グーグルのサーチコンソール

グーグルのサーチコンソールを使用すると、SEO対策が捗ります。というのも、サーチコンソールは、任意のサイトの質を、SEOの観点で診断してくれるからです。例えば、当該ページのタイトルに改良の余地があるかどうかを、一瞬で調べてくれます。重複していたり、長過ぎたりすると、指摘してくれるのです。他にも様々なHTMLの記述に含まれる問題点を探ってくれるのでお勧めです。使用するのに特別な手続きは必要ありません。簡単な登録で済ませることが出来ます。もちろんグーグルのカウントは取得しなければなりませんが、それ自体が難しいものではありません。

さて、タイトルを改良してSEO対策を済ませた気になっていてはいけません。他にも様々な施策がありますが、中でもスニペットに関する知識は蓄えておきましょう。スニペットとは、検索結果画面における、各ページの概要です。タイトルの下に小さな文章が表示されますが、その文章を指します。典型的な表示方法は、検索ワードがスニペットに含まれる場合、当該ワードが太字になります。ユーザーは一目でどのようなサイトか分かるので、大変便利な機能と言えます。スニペットを分かりやすく記述できれば、アクセスに繋がりやすくなることは、容易に理解できるでしょう。


ではスニペットはどのように記述すればよいのでしょうか。HTML記述に専用のタグがありますから、そこに文章を入力すればよいのです。この「文章」というのは、文字通りの文章でなくても構いません。キーワードを延々と羅列したものであっても構いませんし、目立つように工夫された何かであってもよいのです。但しユーザーが内容を瞬時に把握できないものは避けるべきでしょう。ターゲットとするユーザーの行動心理を分析した上で、ついついクリックしたくなる文言を的確に記述することが求められます。