論理タグと物理タグ

HTMLに関してSEO対策するには、まずHTMLが論理タグと物理タグとに分かれていることを認識する必要があります。その上で、論理タグで作った論理が正しいことを確認する必要があります。例えば、h1タグはpタグの内部に収めず、独立させなければなりません。というのも、タイトルとして用いる文言を、検索エンジンにそれと認識させる必要があるからです。こうした構造上の正確性は、SEO対策に大きく関わります。もちろん構造が正確であっても文言自体がいい加減なものであれば意味がありませんから、文章としての構成にも気を配る必要があります。


HTMLは特別なソフトを使用せずとも記述することが出来ます。しかしワードブレスや各種ブログにおいても、HTMLを使って表現することは珍しくありません。これらのツールでは、HTMLに明るくない人のための入力方法も用意されているのですが、直接HTMLで入力した方が、SEOに応じたサイト、ページを作成することが出来ます。しかし現状としてはHTMLで入力できるユーザーが少なくなっていますから、差をつけるチャンスであるとも言えます。


 さて、タイトルについては今更説明するまでもありませんが、その文言次第でSEOは随分変わります。HTMLで言えば、タイトルタグ、hタグがそれに当たります。Hは1から6まで用意されているので、階層を意識して使い分けるようにします。そのページの大見出しとして使用するのであれば、当然h1を用いることになります。そして、h1の特徴としては、ページの概要であることに気を付けなければなりません。
?