文章内容とSEO

SEOの内部対策としては、タイトル、サイト内の構造や論理、HTMLの記述の仕方に注意するのはもちろんのこと、文章内容そのものにも気を配る必要があります。というのも、検索エンジンは既に文章自体を読解できるレベルに達しているからです。驚異的とも言えるスピードで進化しているわけで、人間も負けてはいられません。もちろん翻訳ツール等を調べれば分かるように、まだまだ人間のそれには劣っているのですが、記事内容が分かりやすいサイトか、ユーザーの目的に適っているのかくらいは判別できるようです。


文章を書くことに慣れていない人は、どのような記述が優れているのかさえ身に付いていないのかもしれません。当てはまる方はSEO対策以前の問題ですから、まずは文章のテクニックを学び取る必要があります。要点だけ紹介すると、文章は短すぎるとユーザーに不親切と取られます。最低1500文字は必要とされています。また、キーワードをなるべく多用した方が、役に立つ記事だと判断されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です