SEO対策サービスの現状について

SEO対策は業界的に終わったといわれたりしているそうです。ただ、これは過去のSEO対策が終わっただけで、これからは長く効果を発揮するSEO対策がはじまるというふうに言い換えることができるそうです。内部対策サービスを提供するには今までのような外部対策を利用したサービスからの脱却は必要となるそです。とはいえ、これまで外部対策を利用してきた企業ほど人材のスキルや知識水準の面で超えなければならない障害があるといえるようです。これが現在のSEO業界の混乱を招いているといっていいようです。外部リンクを販売する事業では、外部リンクを提供するためのWeサイトをどれだけ早く安く量産して、多量に販売するかということが成功の鍵だったそうです。英語など言語が多くの国で利用されている場合は、例えばアメリカならアメリカ国外の安い国でWebサイトを大量につくらせて、それらのサイトから外部リンクを国内で販売することによって大きな利益を得てきたそうです。反面、日本のように日本国内に限られた言語だと、人件費の安い国に頼んでコストを下げるということはできないようです。そのため量産は難しく、利益は販売コストを考えていくしかないということになるようです。大きく成長したSEO業者のほとんどが、この販売コストを大幅に下げたことに成功したということだそうです。人件費を下げるために人材育成コストはかけなかったりして、提供サービスの説明ができれば良いというレベルの販売員やコンサルタントを増員してきたという事実もあるそうです。そもそもWebサイトを作成したことがない人も多く、Webサイトを作成するための言語がかける人は稀だそうです。それは外部対策がWebサイト自体をいじる必要がないということも関係あるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です