過去のSEOとコンテンツSEO



<!–table {mso-displayed-decimal-separator:”\.”; mso-displayed-thousand-separator:”\,”;} @page {margin:.75in .7in .75in .7in; mso-header-margin:.3in; mso-footer-margin:.3in;} .font5 {color:windowtext; font-size:6.0pt; font-weight:400; font-style:normal; text-decoration:none; font-family:”MS Pゴシック”, monospace; mso-font-charset:128;} tr {mso-height-source:auto; mso-ruby-visibility:none;} col {mso-width-source:auto; mso-ruby-visibility:none;} br {mso-data-placement:same-cell;} td {padding-top:1px; padding-right:1px; padding-left:1px; mso-ignore:padding; color:black; font-size:11.0pt; font-weight:400; font-style:normal; text-decoration:none; font-family:”MS Pゴシック”, monospace; mso-font-charset:128; mso-number-format:General; text-align:general; vertical-align:middle; border:none; mso-background-source:auto; mso-pattern:auto; mso-protection:locked visible; white-space:nowrap; mso-rotate:0;} .xl67 {border:.5pt solid windowtext;} ruby {ruby-align:left;} rt {color:windowtext; font-size:6.0pt; font-weight:400; font-style:normal; text-decoration:none; font-family:”MS Pゴシック”, monospace; mso-font-charset:128; mso-char-type:katakana; display:none;} –>

SEOはグーグルの対策に合わせて進化してきましたが、最近はコンテンツSEOが重視される傾向にあります。SEO担当者の中には過去の対策法に執着している人もいるでしょうが、それでは置いてけぼりを食らいます。コンテンツSEOは小手先のテクニックではなく、ユーザーの満足を促すための根本的な対策法です。その核心は、有益と思われるコンテンツを作成することでアクセスアップに繋げることにあります。もちろん更新後にグーグルで評価されるための施策は行うのですが、それはあくまでも付随業務に過ぎません。コンテンツを充実させれば自然と結果が付いてくるというわけです。ここではコンテンツSEOの実際をご説明したいと思います。まずSEOにおいて大切なのは、コンテンツがユーザーにとって興味深いものであることです。ですからトップページを充実させ、そこにサジェストキーワードを盛り込まなければなりません。次にアクセスアップを図り、更新頻度を高めます。有益な情報を頻繁に更新すると、ユーザーは定期的にアクセスするようになります。またSNS等を通じてアピールするのも有効でしょう。オフラインの広告においても、検索すれば自社がヒットするワードを散りばめることが大切です。最後に機を捉えてグーグルに報告します。報告の回数を増やすことで、検索エンジンのクロールが促進され、自社のサイトを正しく認識してくれるようになります。グーグルは旧式のSEOに対してペナルティを課すことがありますから、コピーサイトではないことをアピールします。SEOはグーグルの対策に合わせて進化してきましたが、最近はコンテンツSEOが重視される傾向にあります。SEO担当者の中には過去の対策法に執着している人もいるでしょうが、それでは置いてけぼりを食らいます。コンテンツSEOは小手先のテクニックではなく、ユーザーの満足を促すための根本的な対策法です。その核心は、有益と思われるコンテンツを作成することでアクセスアップに繋げることにあります。もちろん更新後にグーグルで評価されるための施策は行うのですが、それはあくまでも付随業務に過ぎません。コンテンツを充実させれば自然と結果が付いてくるというわけです。ここではコンテンツSEOの実際をご説明したいと思います。まずSEOにおいて大切なのは、コンテンツがユーザーにとって興味深いものであることです。ですからトップページを充実させ、そこにサジェストキーワードを盛り込まなければなりません。次にアクセスアップを図り、更新頻度を高めます。有益な情報を頻繁に更新すると、ユーザーは定期的にアクセスするようになります。またSNS等を通じてアピールするのも有効でしょう。オフラインの広告においても、検索すれば自社がヒットするワードを散りばめることが大切です。最後に機を捉えてグーグルに報告します。報告の回数を増やすことで、検索エンジンのクロールが促進され、自社のサイトを正しく認識してくれるようになります。グーグルは旧式のSEOに対してペナルティを課すことがありますから、コピーサイトではないことをアピールします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です