Windowsでの作業を自動化

あらゆる企業や会社にて導入が行われるようになったRPAですが、一般的に広く普及していて知られているものだけではなく、ある種類のシステムに特化したものもあるようです。例えば、Windowsに特化したものを見てみましょう。このRPAの働きとしては、その個別のパソコンで行われるデータ入力などの作業を自動化してくれるというものでしょう。このRPAは「WinActor」と呼ばれており、単純なデータ入力などを自動化することにより、人的ミスを防ぐことが出来るほか、処理の速度も上がり、効率良く作業が進められることが期待されているようです。これは、自社システムはもちろん、Windows上で操作が可能とされる様々なアプリケーションと連携することが出来ると言われています。中でも注目すべき点としては、自動記録機能と呼ばれるもので、プログラミングのように専門的な知識を持っていない人でも、自動化に必要不可欠であるルール作成を可能にしてくれるものと言えるでしょう。インスピレーションでの操作だけでもなんとか編集可能なよう、ルールをフローチャート図のように表示することが出来るようです。何よりも心強いと言える点は、日本で産まれたRPAということから、万一操作がわからないといった時でも、画面はもちろん、説明書やサポートという面でも、日本語で対応してくれるということではないでしょうか。導入プランとしては、ネット販売などの場合、オペレーターが対応するのではなく、予めルール化してパターンを設定しておいた注文書を判別し、その内容を、それぞれの帳票ごとに入力していくといった作業に適用されているようです。処理スピードの速さや、転記ミスなどの削減を考えてみると、これによって得られる効果はとても大きいものとわかるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です