SEOの目的

SEOは自社のHPをネット上で浮かび上がらせることですから、検索に用いられるワードと合致したページ内容、ページ構成でなければなりません。つまりターゲットとする客の検索行動を予測し、彼らが使用するワードをよく調べ上げなければならないのです。SEO対策することで、そのワードで検索した時に、当該HPが検索結果の上位に表示することになります。この現象を、検索エンジン最適化と呼んでいます。SEO業界では、特に検索結果の1ページ目に表示させることが出来れば、一先ずの成功と考えられています。1ページ目に表示されれば、客の目には入り込むからです。


SEOの施策をもう少し具体的にご説明しましょう。SEOが対象とする検索エンジンは、主にgoogleになります。ですからgoogleに高く評価されるページを作成することが鍵となります。グーグルがウェブサイトをどのように分析しているのかは、これまでも様々な角度から調べられてきました。その結果、これまでに何度も変更されてきたことが分かっています。それでも重視するポイントは基本的に変わっておらず、当該サイトが有益な情報を掲載しているかどうかが、評価の基準となっています。従って、SEOはサイト作成の時点で、無駄のないページを作れるかどうかが成否の分かれ目となっているのです。


SEO対策は、大別すると2種類あります。一つは内部対策であり、もう一つは外部対策です。両者の違いを簡単に説明すると、内部対策は、対象となるサイト自体の質を高めることです。つまり有益な情報を適切な構成で掲載したページを作成することです。そうすれば、グーグルの検索エンジンに評価されやすくなるのです。内部対策として真っ先に挙げられるのが、タイトル、見出しの最適化です。タイトルが検索ワードに関連するものでなければ、検索エンジンが拾ってくれないからです。